knot(ノット)は、
大貫デザインの同期である増田圭吾、森田賢吾の
アートディレクター 2名によるデザインユニットです。

「残るデザインで世の中を良くしていく」という想いで
それぞれの特性を生かしながら、時には個で、時にはふたりで
長く第一線の現場でデザイナーをしてきた私たちだからこそできる、
ハイクオリティなビジュアルコミュニケーションを軸とした
ブランディングデザインを手掛けています。

私たちが大切にしていることがあります。

  1. クライアントの課題や想いなど、本質をつかむこと
  2. 意味や目的を考え、ロジカルにデザインすること
  3. コンセプトから細部まで、トータルでデザインすること
  4. 自分たちで考え、手を動かし、こだわること
  5. 機能とクオリティを伴うアウトプットを目指すこと

今後さらに均質化が進む世の中において、
ブランディングの必要性はますます高まっていきます。
クオリティの高さはもちろん、本質的で機能し
息の長い、残るブランディングデザインをしていきたい。
その達成のために、私たちはこの5つに真摯に向き合います。

「結び目」を意味する knot の名のとおり
人、企業、社会、世界までをも強く永く結び
世の中を良くしていくことを目指します。

“knot” is a designer team of two art directors,
MASUDA Keigo and MORITA Kengo,
who were colleagues at “ONUKI Design”.

We do our work under the concept of
“Making the world better by design that lasts for a lifetime”.
We sometimes work together, sometimes work alone, but in any way,
we offer branding that is based on high-quality visual communication,
something that only we can offer, from our long experience
as on-the-spot and front line designers.

This is a list of the things we value.

  1. Grasp the true nature of the client, such as their subjects and spirits.
  2. Design logically, by considering the meanings and purposes.
  3. Design totally, from the main concept to the tiniest details.
  4. Think, do, and thoroughly commit.
  5. Aim for an output that balances functions and high quality.

In our world, which is becoming homogeneous day by day,
the necessity of branding design is becoming important more than ever.
We aim to provide fundamental, functional,
and lasting designs for branding.
In order to achieve this, we will sincerely face these 5 values.

As our name “knot” means “to unite”,
we aim to strongly unite people, business, society and
even the world together, to make our time here better than before.